【おすすめ】自家焙煎のコーヒー豆を通販で買って飲んでみた

このページでは、美味しいスペシャリティーコーヒーをご紹介しています。 素人が実際に飲んで、美味しいと思ったコーヒーを紹介していますので、美味しいコーヒーを探している方の参考になればうれしいです。

おすすめのスペシャリティーコーヒー一覧

明子
明子

このページでは、全国から、自家焙煎に拘る極上の珈琲ショップを集めました。
味はそれぞれ個性的で、好みもあるかと思いますので、ココではお試しセットがあるコーヒーショップを優先的にご紹介しています。

コーヒーが好きで、ついに自分で焙煎までしてコーヒーを飲んでいる管理人が、全部自分で飲んで色々試して「美味しい」と思ったコーヒーをランキング形式でご紹介しています。

Qグレーダーがいるコーヒーショップきゃろっと
きゃろっとのお試しセットの画像

Qグレーダーがいるきゃろっと。
私自身ももちろん試してみましたが、美味しいです。
リピート率約70%はダテじゃありません。
好みもあると思いますが、自家焙煎に拘るなら一度は飲んでみて欲しいです。
完全返品保障制ですので、安心して試してみる事ができます。

レノンも通ったと言われている銀座の老舗カフェパウリスタ
カフェパウリスタのカップとチラシの画像

銀座にお店があるカフェパウリスタ。
私もお店に行った事があるのですが、結構お洒落なお店でした。
ジョンレノンが密かに通っていたというだけでも飲む価値があるかと。
珈琲と一緒にモンブランを頂いたのですが、独特の形をしていて結構おいしかったです。
豆に拘るだけでなく、有機栽培も特徴の一つです。
森の珈琲はスッキリした感じで、ビートルズを聞きながら飲むと良いかも。

青海で行列ができるコーヒーショップ青海珈琲

青海にお店がある青海コーヒーは予算に合わせて選ぶことができるスペシャリティ・自家焙煎珈琲です。
通常のコーヒーとあまり遜色ないカフェインレス珈琲もあるので、カフェインレスを美味しく飲みたい人にもおすすめです。
豊洲から新橋まで通っているゆりかもめ(モノレール)の青海駅から徒歩1分のお店で美味しいコーヒーも良いかも。

ロクメイコーヒー

スペシャリティ珈琲を語る時、忘れたくないコーヒーショップです。
1974年創業の古都奈良にある珈琲ショップです。
行く機会がある人は少ないかもしれませんが、ネットの時代でこそ全国のコーヒー通に喜ばれているコーヒー届けているお店です。

美味しいコーヒーは豆で買おう

粉と豆では鮮度の違いが歴然

珈琲を美味しく飲むには、実はその鮮度がとても重要です。
古い豆も新しい豆も見た目は変わりませんが、鮮度が落ちた豆はコーヒーを淹れる際、泡が出ません。
泡が出なくても鮮度が良いコーヒー(浅煎り系)も無い事はないですが、原則として鮮度が落ちた珈琲は炭酸ガスが抜けるのであまり膨らみません。
そして、鮮度が落ちるスピードは、生豆→豆→粉→淹れた後と、急激に増すのです。
ですから、鮮度が良い自家焙煎珈琲を買っても、暫く経つと鮮度が落ちてくるのはともかく、豆で買った方が鮮度を維持できるわけです。
明子
明子

鮮度が落ちるスピードは、生豆→豆→粉→淹れた後と、急激に増すので、せっかくスペシャリティなコーヒーを買うなら、ミルがある方はぜひ豆で買って下さい。

スペシャリティ珈琲と普通のコーヒーの見た目の違い

 

ここでは、いわゆるスペシャリティーコーヒーと普通のコーヒーの違いについてお話しています。コーヒー豆は、見た目はあまり変わらないですね。でも、よく見ると意外と違っていたりするのです。

豆の違い

普通に売っている挽く前のコーヒー豆の画像

明子
明子

上の画像は普通に売っているコーヒー豆の画像です。
形がおかしい豆や発育不良の豆が入っているのが分かりますでしょうか。

大きい豆と小さな豆がありますね。 発育不良(?)の豆が入ってしまっていますね。 これを丁寧に取り除くのがハンドピッキング。ただ、ハンドピッキングは面倒ですし、キリがありません。

形がいびつな豆などはえぐみや青臭い風味の原因になったりしますし、欠けてしまっている豆は火を通すと均一に火が回りません。

カフェインレスのロクメイコーヒーの豆の画像  上の画像は、スペシャリティに拘った豆です。
 ブレンドでないので、粒がそろっているのがお分かりいただけると思います。
 どちらの画像も適当に豆を取ってそのまま撮影したものです。

最悪の場合、ミルを壊すかも

私の経験で恐縮ですが、生豆(焙煎する前の豆)で買った際、取り切れなかった虫が入っていたことも…

それ以来、安い豆を買った時は、自分でハンドピッキングをしたりするようになりました。

明子
明子

石とか入っていると、コーヒーミルを壊してしまう事もあり得るので。

スペシャリティーは豆で買おう

ロクメイコーヒーの泡のふくらみがバッチリある画像

上の画像は、ロクメイコーヒーの泡立つところを捉えた画像です。 撮りながらお湯を入れているので、あまりうまく淹れられていませんが、そこはご容赦ください。

明子
明子

コーヒーは、豆で買った方が鮮度を保てます。 ミルがある人は極力豆で買う事をお勧めします。

ミルを選ぶ

自家焙煎などの珈琲の場合、家でミルを使う方が粉で買うよりもより鮮度が高いとお話ししましたが、ミルにも色々あります。

手挽きのミルは私も使っていましたが、毎日飲むのには少々大変さが伴います。

で、最近はもっぱら電動のカリタナイスカットミルというのを使っています。

現行品ではありませんが、結構お洒落。

喫茶店の雰囲気が出るので気に入ってます。

今はモデルチェンジして挽く速度が遅くなっています。

これは、挽く速度が速いと熱を持ってしまい、味に影響するからという事らしいです。

カリタのナイスカットミルの画像

ちなみに、ナイスカットミルの後継品は「ナイスカットG」と言います。 ナイスカットミルが中挽きで130g/分だったのに対し、ナイスカットGは100g/分ですので、遅くなっています。 その分、熱が発生しにくいのでしょう。

明子
明子

もし、今自分が電動ミルを買うならナイスカットG一択だと思います。

タイトルとURLをコピーしました